初心者がamebloとWordPressをデザインする為に必要なスキル2

Pocket

child-476507

前記事では、「初心者がamebloとWordPressをデザインする為に必要なスキル」と言うことで大まかな説明をさせてもらったが、この記事ではそれらの詳細を語ろう。

さて、本題に入る前に少しプチ話し・・・この記事上にある「Self-Design」と書いてある画像は、前記事の女の子の画像を無料の画像編集ソフトでオリジナルにデザインしたものだ。このデザインがセンスがあるかどうかは別として、少しだけ学んでデザインスキルを身に着けるだけで、あなたでもこの程度のデザインなら簡単に作れてしまうだろう。

その事を前提に記事を読み進めて欲しい。

 

では、第2弾という事で、初心者がamebloとWordPressをデザインする為に必要なスキルの詳細を語ろう。

 

 

ヘッダーデザインをするために使用する無料画像ソフトの正体

プロのデザイナーは、誰もが知っている通りAdobeのフォトショップやイラストレーターを使っている。勿論僕も使っているが・・・ただ、このソフトには三つのデメリットがある。

それは、ソフトの購入金額が高い。今では、Creative Cloud メンバーシップと言う月に4,980円払えばAdobe製品が全て使えるサービスがあるが、それでも、デザイナーでない方が所持するにはかなり高いと思う。

そして、第2のデメリットは、PCのスペックが低いと固まってしまうと言う痛い欠点がある。僕の前に所持していたvistaでは、何度もこれに泣かされて痛い目にあった。

第3のデメリットは、使いこなすのが難しいという事。デザイナーがこれで飯を食べてる分、ググってもテクニックはあまり公開されていないし、機能が多いとは言っても通常のデザイン業務にそこまでの機能は必要ない。

 

これらの事を踏まえて、僕が一般の方に薦めているのは、無料でダウンロードできてどんな用途でも使用OKな「GIMP」である。

GIMPは有名なのであなたも知っているとは思うが、これを馬鹿にしてはいけない。その理由は、使いこなすスキルが身に付けば、フォトショップと同等のデザインを作る事が出来るからだ。でも残念ながらこの事はあまり知られていない。それは多分、世の中でGIMPで良いデザインを作ってる人が少ないし、それに加え、無料だからと言う馬鹿にした先入観が有るからではないかと僕は思っている。

しかし、これを身に付ければ、少なくとも世の中の三流と言われるデザイナーよりは、カッコイーヘッダー画像をあなたでも作れてしまうのが現実である。

もちろん、デザインにはセンスが必要だが、センスがなくても素人でも出来る方法は次回記事に書こうと思う。

 

amebloテンプレート設置に必要なスキル

amebloテンプレートの設置には、HTMLとcssを多少触らないといけないと前回記事で書いたが、その詳細を説明しようと思う。

amebloテンプレートを設置する為には、「css」と「フリープラグイン」と「フリースペース」を触らないといけない。「css」と「フリープラグイン」は、ソースをそのままコピペでもOKなのだが、厄介なのは「フリースペース」だ。

「フリースペース」には、ナビボタンの「項目」と「URL」を挿入する必要があり、これは、初心者では分からないと思う。また、「css」も基本的にはコピペでOKだが、例外として、例えばヘッダーサイズを変えたりしたい時には、中身を触る必要が出て来る。慣れればなんていう事もないが、amebloのテンプレートだけは設置解説付きが確実な有料の物を購入して欲しい。

※ちなみに、僕は売ってません(笑)その代わりに無料のプレゼント企画は有ります。

 

WordPressのテンプレート設置に必要なスキル

前回記事でも書いたけど「まずは、WordPress始めましょう!!」と言うのが本音である。しかし、それを言ってしまったら話しが終わってしまうので設置方法がどんなに簡単なのかを説明しようと思う。

WordPressのテンプレート設置方法は、自分のPCにダウンロードしたテンプレートをWordPress内の専用のフォームからアップロードするだけでとても簡単である。その後、テンプレートによって多少の違いはあるものの、レイアウトの設定方法などは基本的に似ている。

レイアウトはamebloの配置のように希望の物をドラッグするだけ、ナビボタンはフォームにカテゴリーとURLを打ち込むだけ、facebookやTwitterも専用フォームにIDを打ち込むだけで、HTMLやcssを触る必要はない。

また、テンプレートとは違う話しになるが、記事の投稿は基本的にほとんどamebloと一緒だけど、プラグインを使えばamebloよりももっと楽になる。おまけに、キーワードなども専用フォームがあり簡単に打ち込めるのでSEO対策もできる。

その他のもろもろな設定は全て専用フォームが有り、テキストを打ち込むかチェックを入れるだけですんでしまう。なので、WordPressはフォームへの設定の方法を覚えるだけで全てを設置・設定することが出来る。

これを分かりやすく言うと、amebloを始めた頃にレイアウトを配置したり細かな設定をしたりと行った操作と同じような事をWordPress版として覚えるだけで大丈夫だ。

なので、WordPressのテンプレートに特別なスキルは必要ない。
amebloを始めた頃のように取りあえず踏み込んでしまえば、簡単に覚えることが出来る。

 

まとめ

まず、この話しをさせて貰おう。僕の地元の知人にホームページで地元のwebデザイン会社に100万以上つぎ込んだ人が居る。いやもしかしたら、月掛メンテナンス料も入れれば何百万単位かもしれない。彼がこれだけの経費を掛けれたのは、彼の環境が地元では大きな会社の社長で有るからである。しかし、そのホームページの反応はどうだったんだろうか?現実的には今一反応がなかった。だから、そのホームページは昨年の夏ごろに閉鎖された。ホームページを持つと言うことは、これだけのリスクがあるという事である。

では、全般的な現在の市場はどうだろうか?amebloのヘッダーに10,000円?20,000円?

ホームページの制作に200,000円?300,000円?

実際にこの金額の投資で本当に反応が出るのだろうか?正直、僕は出ないと思う。でも、本気で反応を出したいのであればSEOに強い有名な実績のあるwebデザイン会社に頼めば、もしかしたら良い反応が出るかもしれない。だが、現実的に上記のような金額ではすまないだろう。

しかし、このリスクを誰もが回避し成長することが出来る方法が一つだけある。
それは、あなた自身がwebデザインスキルを身に着ける事である。

僕は、この数年この業界の仕事をして葛藤した事。それは、デザイン武装だけではアクセスも金も生まれない。良いのは第一印象だけでブログもホームページも「人間中身が大事です」ってこと。

いくら外身を着飾っても中身が薄いブログには人は集まらない。それが現実なのである。

だからこそ、リスクを最小限に抑えるには儲けるまで、外身(デザイン)にお金を掛けるべきではない。
デザイン売ってる僕が言うのも変な話だが、あなた自身、自分でデザインするべきだと僕はまじに思っている。

これは、現在素人の方でも簡単にデザインすることが出来るから時代だからこそ言える事なのだが・・・

もし、あなたが真剣にネットを活用して身を立てたいと思っているのなら、稼げるまではamebloもWordPressも自分でデザイン武装し中身を鍛え、アクセスを集める努力をしてください。そうする事で、デザインとブログ運営のスキルが身に付きます。

そして、稼げた時にプロのwebデザイナーに頼んでビジュアルをリニューアルしてください。全てを理解したあなたからの指示で打ち合わせするデザインは、デザイナーにしっかり目的が伝わり、低コストで無駄のないデザインが出来るはずです。

 

 

 

contact

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です