人が集まるブログを育てるには・・・

Pocket

ブログを育てる。

人が集まるブログを育てるには・・・

ワードプレスで記事を書き続ける事が大切です。

 

がしかし・・・「ブログを育てる」・・・つまりは「育てるブログ」とは

どう言う事なのでしょうか?

 

育てるブログとは?

「育てるブログ」とは?

 

ある目的を達成する為に記事を書き続け蓄積させ、多くの人達に価値を与えるブログ

 

と言う定義に基づいて

 

ある意味、ネット上に専門的な辞書を作るかのようなイメージで

最初は白紙で何の価値もないブログ媒体に価値ある記事を愚直に書き続け育てる。

これが「育てるブログ」です。

 

そして、僕は「育てるブログ」を作る為にもう一つ定義にしている事が有ります。

それは・・・

 

ブログのデザインから起ち上げ・構築・記事運営・・・

ブログの開設・運営に関わる全ての事を自分で行い

低コストで、自分の目的の達成の為にブログを育てる。

 

これを念頭に「ブログを育てる」事で

ほとんど、無償で、目的達成の為のブログを構築する事ができます。

 

集客・売上アップ・ビジネス活用・何かのイベント告知・・・

人それぞれ、目的は様々だと思いますが

それぞれが、それぞれの濃い情報を書き続けることで、

間違いなく、育ったブログには人が集まり始めます。

 

しかし、この「育てるブログ」を作る為には、大きく分けると二つの力が必要です。

 

育てるブログを作る為の二つの力

◆記事を書く力・記事を書き続ける力


人は、記事の内容に集まります。しかし、その内容が薄かったり、文章が読みにくかったり、内容に統一感がなかったり、日常日記のような内容だったら、人は魅力を感じてくれません。

だから、書く記事を吟味する力と、最低限の文章力が必要です。

それともう一つ、記事を書き始めたら、それを書き続ける継続力が必要です。書き続ける事で、読者からの信用を得られ、
最低限でも100記事以上書いていると、そのブログを放置しても、勝手に人が集まるブログになります。

これは、僕が放置していると何度も言っている「動画る集客」ブログ(ワードプレス)で実証できます。

この「動画る集客」ブログ(ワードプレス)は、今書いているこのサイトの構築と地元での企画ワークが忙しく本当に1年以上放置してますが、今でも1日70~100くらいのアクセスが集まっています。

なので、記事力こそがブログにとって最大のパワーを発揮する物であり、とても必要なスキルだと僕は思っています。

よく、何を書いたら良いか分からないと言う言葉を聞きますが・・・日々愚直に情報を集め、記事を書く事で、必ず記事力・文章力は磨かれます。記事こそ、自分で努力すれば無料で出来るのだから、本気で目的達成したいのなら、本気で努力するべき物ではないでしょうか。

 

あ・・・ついでにですが・・・どんな記事を書いたら良いですか?と言う質問が有りますが・・・

まんま・・・あなたがいつも読んでいるブログ、何かの調べ物をした時に読んだサイト、これらを自分に照らし合わせて考えると、どんな記事を書くべきか見えてくると思います。

 

もう一つの力は・・・

◆ブログ(サイト)をデザイン・構築する力


この力を身に付けたら、維持費のみでワードプレス・アメブロなど、自分が活用したいサイトを自由に運営する事が出来ます。

ブログの人を集める本質は記事に有り!!です。ならば、ブログのデザイン・構築も自分で構築するべきだと言うのが僕の考えです。

また、「切り口」の変更・「イメージチェンジ」・「グレードアップ」・「商品の増設」等・・・とブログを長く運営して行くと様々な状況が生まれます。

しかし、自分でデザイン・構築する事が出来なければ、経費的にも時間的にもコストが掛かります。

これらの事を考えると、個人で気軽に使えるブログだからこそ、自分でデザイン・構築する術を磨くべきではないのでしょうか。

 

この二つのスキルを身に付けたら、ブログを育て続ける事が出来ます。

 

そして、この育てるブログに使用すべきサービスは「ワードプレス」です。

※アメブロはサブに使います。

 

このワードプレスが気になる人は、過去記事をどうぞ。

WordPressとは?【初心者的情報】

WordPress × ameblo 徹底でもないけど比較してみた

初心者がamebloとWordPressをデザインする為に必要なスキル

初心者がamebloとWordPressをデザインする為に必要なスキル2

初心者のWPサイトの起ち上げ時の工程と最低限設定する事

 

これらの事を参考になったな~と感じた方は、

是非、自分でサイトを構築する事を考えてください。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です