ワードプレスを初心者がデザインするためのポイント~ワードプレスのすすめ③

Pocket

wordpress design

ワードプレスのすすめ②話まで書いてきましたが・・・

実際に初心者でもワードプレスをデザイン出来るのか?
と疑念を感じる方もおられると思います。そこで

ワードプレスを初心者がデザインするためのポイント

という事で、これさえ知れば初心者でも簡単にワードプレスをデザインできる

3っのポイントをお話しします。

 

 

①ワードプレスのテンプレートを使う

まずは、テンプレートを決めましょう。決めるポイントとしては・・・

●テンプレートは大きく分けると、ホームページ向けとブログ向けの2種類のテンプレートがあります。(他にもありますが省略)用途に合わせてテンプレートを選びましょう。

●スマホ対応のものを選ぶ。ここは、重要なポイントです。
現在のインターネット閲覧は、PCからスマホへと、凄い勢いで変わっています。なので、必ずスマホ対応の物を選びましょう。(※スマホ表示も出来るプラグインもあるが、最初から設計されたテンプレートの方が、スマホやタブレット閲覧時に綺麗にレイアウトされて表示される)

●facebookやTwitterなどを簡単に設置できる機能の付いたものを選びましょう。
最初から設計されている物の方が綺麗に簡単に設置することができます。

●出来れば、無料の物より有料の物を購入する。
有料物のほとんどのテンプレートには、上記の機能が備わっており(※購入時確認する)設置ガイドも付いております。(※中には、初心者には難しい設置ガイドも有る)

金額もリーズナブルで、上限10,000円くらい出せば十分に機能も付いたお洒落な物が沢山あります。

デザイナーに頼んで数十万も支払うことを考えたら、超低コストで収まり、尚且つ、テンプレートを自分で設置する事で、ワードプレスの基本的な仕組みも理解で来るので、まさに一石二鳥だと思います。

 

さて、次は見た目の部分・・・

テンプレートの導入が終了したら、次に必要な物は画像デザインですね。

テンプレートの設定を触る前に先に準備してください。

 

 

②ヘッダー画像等をデザインする。

これが、誰もが一番の悩みの種ではないでしょうか。

センスも居るし・・・画像編集ソフトを使いこなすスキルは居るし・・・何たて難しい。。。

いやいや・・・その気持ちは十分理解出来ます。僕もイラストレーターやフォトショップが使えるだけで、webデザインに関してはそんなにセンスが有る方ではないですから・・・(だから、webデザイナーと提携している)笑

 

でもですね~。イラストレーターやフォトショップを使わなくても、ある無料画像編集ソフトを使いこなし、ある法則を使えば、市場で販売されている10,000円~20,000円くらいのアメブロヘッダーレベルのデザインなら、誰でも簡単にデザインする事が出来ます。

 

そのある無料の画像編集ソフトとは?・・・あの誰でも知ってるGIMPです。

 

僕も「脱webデザイナー宣言!!自分のサイトのデザインも自分で作ろう!!」を企てた頃から、ずっとGIMPを使っているのですが、裏技とかマスターしたら使える使える~。

「これが無料かよ~」って、ほんま驚いている所です。

ちなみに、このサイト(オフィシャルサイト&アメブロ)に使っているヘッダー・記事内画像も全てGIMPで作ってます。
当然この記事上の画像もGIMPで作業時間約5分で作ってます。(センスは言わないで・・・時間短縮優先で作ってるので)

いやホント、adobeとの月契約打ち切ろうかな~と思うくらい使えますよ。このソフトは・・・

 

と・・・ま~前置きが長くなりましたが・・・

ヘッダー画像等をGIMPを使ってデザインする手順。

●ワードプレステンプレートのヘッダー・アイキャッチなどの規格サイズを確認する。

●アメブロや他のホームページから自分好みのヘッダー画像を見つける。

●上記気に入ったヘッダーデザインに近い素材を探して揃える。

●GIMPで見つけたお気に入りのヘッダーのように画像編集する。

●テンプレートに設置する。

 

簡単に説明すると、こんな感じの流れになります。

ここでのポイントは、気に入ったヘッダーの真似をするという事ですが、これは気にする事はありません。同じようなレイアウト・色味で制作しても、素材自体が違うので、全く別物のヘッダーが出来上がります。し・・・

イメージだけ参考にし、最終段階で調整すれば、あなた独自の完全オリジナルなヘッダーが出来上がります。

 

ではヘッダーが出来上がったところで・・・

 

③ページ全体を整える

ワードプレスはテンプレートを活用する場合、苦労するのはヘッダー画像だけで、あとのレイアウトは専用フォームでほぼ解決します。

一応、僕の今までの経験上で以下の流れで説明します。

 

●背景色を決める。(ヘッダー画像の合うカラー)

●ナビゲーションボタン用の記事を固定ページで作る。

●ナビゲーションボタンに作った固定記事を設定する。

●TOPページの固定配置できるレイアウトの固定記事を作る。(テンプレートにより異なる)

●TOPページの固定配置できるレイアウトに作った固定記事を設定する。

●2ページ目以降のサイドバーの配置を決める。(アメブロの要領で簡単に配置できます)

 

とこんな感じの流れで設定していけばロスなくできると思いますが・・・

全くワードプレスが分からない方に少し補足します。

 

ワードプレスの投稿ページと固定ページ

これは、以前にも解説しましたが、ワードプレスには投稿ページと固定ページの2種類のページがあります。

投稿ページは、普通のブログと同じように記事を更新する度に積み重なって行くページの事です。アメブロなどと同じと考えてください。

もう一方の固定ページは、単独で固定されるページで、URLなどをTOPページのナビボタンなどに設置しないと、そのページにたどり着けないページです。

用途としては、お店のメニューや案内・プロフィール・プライバシーポリシー等のページに良く使われます。また、ワードプレスでペラページのセールスレターやランディングページなどにもよく用いられます。

 

 

まとめ

ワードプレスは、ヘッダー画像制作のスキルを身に着け、テンプレートを使い投稿ページと固定ページを使い分けてレイアウトすれば、HTMLの分からない初心者の方でも少し勉強しただけで、誰でもオリジナルなホームページやブログを作る事が出来ます。

そして、一旦作ってしまえば日常の運営はアメブロと何ら変わりありません。

経費面でも、デザイナーに頼めば数十万円・・・しかし、自分で作れば1万円(テンプレート代)
しかも、リニューアル時も自分で出来てしまいます。

なので、まさにwebデザイナー要らず・・・

まだ、インターネットから利益を出していない人にとっては、まさに必要なスキルだと僕は思います。

 

プロに頼むのは、自分がワンステージ上がってから・・・

中身(記事)で魅力を高めてから、デザインも次のステージに行きましょう。

 

さて、次回は「伝わるデザイン」の本質について語りたいと思います。

これは、僕は無名の人と有名な人・・・

お金を掛けれる人と掛けれない人では、本質が違うと思うので少し熱く語らせて頂きます。

 

 

 

 

 

関連記事

あなたのホームページは訪無ページ?~ワードプレスのすすめ①
ワードプレスとamebloを併用する理由~ワードプレスのすすめ②
※アメブロでお読みの方はオフィシャルサイトに飛びます。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です