オンライン教室の作り方~苦手意識

Pocket

オンライン教室の作り方~苦手意識

「話すの苦手なんです」

 

この苦手意識・・・

オンライン教室のお問い合わせで、一番耳にする言葉です。

 

でも、実は僕も話すの苦手なんです。

「大衆の前」

「カメラの前」

「PCの前」

 

高校時代、応援団長までやって

全校生徒の前で、球場で観客の前で

あれだけ大声出せてたのに・・・

 

でも、なぜか苦手・・・(笑)

 

対面Skype・リアルな商談では話し倒すくらい話せるし

「よくしゃべりますね~」って、皆に言われるのに・・・

 

でも、なぜか苦手・・・(笑)

 

それでも、僕はオンライン教室やってます。

動画でマーケティングコンテンツも作ってます。

(最近、サボってましたが・・・笑)

 

だけど、正直、出来上がった動画コンテンツを

自分で視聴すると超恥ずかしいです。

カンでるな~って自覚してしまいますからね。

 

だからなのか、過去にYouTubeで「こいつバカ?」って

コメントされた事も有ります。

 

でもですね。

僕は、凹まないんです。

凹む理由がないんです。

 

その理由は、

物事の本質を理解して行動しているから。

 

ところで、あなたは

動画コンテンツで一番大切なのは何だと思いますか?

 

動画のクオリティーですか?

それとも、動画のトークですか?

それとも、動画のデザイン性ですか?

 

これ、すべて間違いです。

いや、ちょっとだけ間違いです。

 

もちろん、出来る事なら

クオリティーが高く話し上手でオシャレな動画の方が

良いに決まってます。

 

でもですね。

そこに拘り過ぎると動画コンテンツの本質からかけ離れて

その動画コンテンツが何の価値も無い物になってしまいます。

 

では、動画コンテンツの本質って何なの?ってことですが

僕の考える動画コンテンツの本質とは?

「見込み客が知りたい事・求めている事」に

忠実な動画コンテンツである事。

 

そして、そのコンテンツが

「見込み客に分かりやすく・伝わる」

動画コンテンツである事。

 

この二つの本質がブレなければ

見込み客にとっては、価値あるコンテンツになります。

 

あなたも、日常の行動でよく有りませんか?

「面白くないからチャンネル変える」

「必要じゃないから見るのをやめる」

 

人は、面白くない事、必要のない事からは

本能的に目を背けます。

 

なので、

どんなにクオリティが高くオシャレな動画コンテンツでも

中身が忠実で分かりやすくなければ、

その動画コンテンツは視聴者にとって

何の価値もない物になってしまいます。

 

この本質を理解していれば

話し下手なあなたでも、動画コンテンツを

作ってみようと言う勇気が湧きませんか?

 

最初は、カミまくりなネットビジネスや

メルマガスタンドで超有名なHさん。

 

惰性的に話し続ける講座で数十万の塾を開いて

有名になって稼いだHさん。

 

ただ、セミナー風景を教材にして数万で売った

ネットビジネスで超有名なKさん。

 

今、僕が一番本物だと思っているSさん。

 

僕が過去に教材を購入した人たちですが

数年前のこの教材を今見てみると

皆さん、カミまくりです。

 

でも、それでも、最後まで視聴できたのは

僕が、内容に価値を感じたからです。

 

だからあなたも動画コンテンツは

何が本質なのかをしっかり理解して

勇気を持って行動しましょう。

 

と言う事で・・・

 

僕と同じ話す事が苦手なあなたに

この言葉を送ります。

 

話すのが下手でも本質を理解して動画コンテンツを作れば

必ず、その価値を必要としている人に出会えます。

 

もし、それが、100人に1人だとしても

100人に1人なら1000人当たれば良い

そしたら、10人見つかります。

 

これが、簡単に出来るのがインターネットです。

だから、あなたも勇気を持って

本質に重視した動画コンテンツを作りましょう。

 

それが、出来ればオンライン教室運営に1歩近づきます。

 

それでは、僕のカミんぐトークで

オンライン教室の作り方を知りたい方は

 

「GYPSYismメルマガ」無料登録

「オンライン教室の手引書」無料プレゼント中‼

オンライン教室に興味の有る方は是非ご登録ください。

ご登録はこちらから

 

オンライン教室のお問い合わせは

「GYPSYism」LINE@で受け付けます。

あなたの職種やスキルとの相性・金額設定・運営方法など

何でもお気軽にご相談ください。

 

「@xec5715c」で検索・登録してご質問ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です