初心者のWPサイトの起ち上げ時の工程と最低限設定する事

Pocket

2015.3.12

初心者が、ドメイン・サーバーを準備して、WordPressでブログやホームページを起ち上げる時に、無駄なく効率よくできる工程と、それまでに準備する物、それから、これだけは最低限設定しておくべきと言う物を僕の経験を交えて初心者目線で解説します。

特に「設定」部分での解説は、とても重要になっています。これを最初に設定しておかないと、ブログを記事更新し始めてからでは後からの変更は出来ない大切な設定なので、WordPressをこれから始める人・・・又は始めたばかりの人は、最後までこの記事を読むことをお勧めします。

 

それでは、

初心者がWordPressでブログやホームページを始める時の効率の良い工程と最低限準備・設定する事

 

 

WordPressを導入してホームページやブログを起ち上げる為には、必ずデザインと中身の設定が必要です。その為には、どんな業種でどんな目的で、その為にどんな情報発信をするのかを明確に決めておかなければなりません。

この編の所を決める上でも、下記の内容は参考になると思います。

 

 

①WordPressのデザインテンプレートを決める

デザインテンプレートは、WordPressの活用用途と業種によって大きく選ぶものが変わります。又、仕様も重要なので下記をチェックして決めましょう。

 

☑あなたが、WordPressを「ブログ」として使うのか?それとも「ホームページ」として使うのか?

☑あなたの仕事が士業やコンサルなどの固い業種なのか?それともファッション系や美容系などのオシャレな業種なのか?

☑レスポンシブ仕様の物を選んでください。レスポンシブとは、PCやスマホ・タブレットのモニターに合わせて大きさやレイアウトを変えて自動で表示される仕様の事です。今は、スマホ対応にできるプラグインも有りますが、仕様しているテンプレートの方が、最初から設計している分、見やすく綺麗に表示されます。

 

最初に適当に選ぶと、後で後悔して変更しようにも初心者レベルでは手間が掛かり大変なことになります。しっかり吟味して選んでください。

 

僕のおススメ


 デザイン的には好みもあると思いますが、僕は「ホームページ(オフィシャルサイト)+ブログ活用」のイメージでテンプレートを選ぶことをおススメします。いくらデザインの良いホームページ(オフィシャルサイト)を作っても、コンテンツ(記事)の更新されないサイトはGoogleにも認識されずアクセスは集まりません。まして作りっ放しのサイトなら、訪問者の再訪も期待できないでしょう。

ならば、TOPページにメニューを作りホームページの装いをして、ブログとして記事更新する。そんなイメージでテンプレートを選ぶと良いと思います。

特にアメブロユーザーは、今はアメブロとWordPressの連動で、WordPressに記事を書くだけでアメブロ記事が更新できる時代なので、「アメブロでアクセスを集めながらホームページ(WordPress)を育てる」そんなイメージで選ぶのが良いのではないでしょうか。

 

 

②ヘッダー・サムネイル等の画像デザインを準備しましょう。

テンプレートが決まったら、その仕様に合わせたヘッダー・サムネイル等の画像デザインを準備しましょう。

ヘッダー・サムネイル等のサイズは、そのテンプレートによって規定寸法が違います。寸法をきちんと合わせた方が綺麗にレイアウトに収まるし、HTML等を触る必要もないので、規定寸法で自分で作ることをおススメします。

 

 

③カテゴリー(テーマ)を設定しナビボタンを作る。

カテゴリー(アメブロで言うテーマ)を設定しナビボタンの配置・設定をしてください。

カテゴリー(テーマ)は、ナビボタン(ヘッダー下などにあるボタン・メニューとも言う)と関わるテンプレートが多いので、先にあらかた設定しておく事をおススメします。もちろん後で追加も出来ますが、基本的な事を決めておくと、ナビボタン設定もスムーズにでき、記事を書くときにカテゴリー(テーマ)に沿って書けるので、ぶれない情報発信ができると思います。

どちらにしても、「後でやり替える」と言うのが一番手間を取るので、しっかり基本のカテゴリー名目は最初に決めましょう。

 

 

④パーマリンク設定をする。

WordPressには「パーマリンク設定」と言うものがあります。

パーマリンク設定とは、簡単に言うと書いた記事に予め設定したURLを末尾に付ける仕組みの事です。6種類の設定があり「デフォルト」「日付と投稿名」「月と投稿名」「数字ベース」「投稿名」「カスタム構造」から選ぶことができます。

だいたい玄人の人は「カスタム構造」を薦めていて、当然僕も現在のオフィシャルサイトでは「カスタム構造」を選んでますが、実際、初心者にはパーマリンクって何やねん?って話しで、これを設定していない人が実に多いです。

「http://echorise.info/blog/youtube%E3%81%AE%E9%9B%86%E5%AE%A2%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%84%E3%81%A6%E3%82%8B%E6%A5%AD%E7%A8%AE%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E7%AC%AC%E4%B8%80%・・・・・・」

こんなURL見たことないですか?これは「投稿名」で設定されているURLです。こんな長いURLじゃ~ダメでしょうって話しです。

しかし、WordPressは短縮URLを取得する機能が付いています・・・確かにそうなんですが、これは自分がアクションを起こす時に使える機能で、「いいね」とか「ツィート」とか、他人が起こしたアクションには対応していません。なので、こんな長くなるURLはあんまり薦められるものではありません。

で、ここからが重要です。パーマリンク設定で一番の問題は、一度設定すると変えられないという事です。もし、途中で変えてしまうと、URLが変更され「いいね」「ツィート」「リンク」と、今まで運営していた全ての物が繋がらなくなります。

だから最初が肝心、記事更新するまでに絶対にパーマリンクだけは最初に設定しておいてください。

 

※興味のある方はググってみてください。個々の考えはありますが、沢山情報が出ています。

 

 

まとめ

WordPressはこれ以外にもサイトタイトルとかSEO関係でメタディスクリプションとか設定する事はいろいろあります。が・・・この記事では初心者が最小限に設定すべき大切なことをサイト構築を交えながら解説させていただきました。

これらの事は、僕のもう一つのWordPressブログで経験したことで、デザイン関係は問題なく進めたものの、カテゴリーは後付でどんどん増築され、パーマリンクは初期設定のままで上手くfacebookと機能せず、提携デザイナーに聞いてみると「パーマリンクが・・・早く教えてくれよ~」気づいた時には時すでに遅く、だんだん迷走するサイトになってしまい今は放置しています。

ただ、WordPressの素晴らしい所は、そんな放置サイトでもアクセスが有るという事です。こちらのサイトは、今起ち上げたオフィシャルサイトを短期間で育て、その後にYouTube操作活用方法の専門サイトとしてリニューアルしようと考えています。

とまぁ~僕のこんな痛い経験が今回の記事に繋がった訳ですが、詳細は後日詳しくシェアするとして、初心者と言うのは本当に無知だと思うんです。よくいろんなマインド系のブログで「自分で調べなさい」と言う言葉を目にしますが、初心者と言うのは、この「調べる項目」すら分かりません。そりゃそうですよね。無知なだけにその存在すら知らないんですから。

だから、僕の経験のように失敗して覚えろという言葉もあるのでしょうね。でも、こんな無駄な時間は勿体ないんで、下記のサービスを見てみてください。

きっと、この記事以外のすべての設定方法や記事更新時のSEOの設定方法など、全てのやり方を動画マニュアルにしてあります。

 

 

 

contact

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です